WEBサービスと著作権とダウンロード

WEBサービスのサイトと情報量

WEBサービスと著作権とダウンロード インターネットでのWEBサービでは情報量が多いとビジネスでも有利になると考えがちです。しかし、あまりにも情報量が多い場合には飽きてしまい、他のもっとわかりやすいサイトに向かいます。ビジネスで商品の販売をしている場合でも、あまりにもたくさんの情報が書いてあると、その量を見ただけでげんなりとしてしまい、他のもっとわかりやすいサイトで購入しようとなります。商品だけでなく何かの情報を検索で探す場合にも、サイトのページにぎっしりと意見や内容が書いてあると、見ただけで引いてしまいます。人間は話を聞いている時にも真剣に聞いていられる時間は短いという話をよく聞きます。同じように商品やサービスを購入してもらう場合でも、見る人がわかりやすいように誘導して購入の効果を高める必要があります。

文章も画像や動画などを活用して、見ただけでイメージできるようにすると効果的です。どうしても長い文章が必要な場合には、別の項目でまとめてわかりやすく表示するという方法もあります。実際にアクセスから成約までの統計でも、段階が多すぎるよりもシンプルにまとめたほうが成約率が上がるという結果も出ています。サイトの目的にもよりますが、人間は集中できないということや、早く結論を知りたいということなどを考えておく必要があります。

Copyright (C)2019WEBサービスと著作権とダウンロード.All rights reserved.